ヒアルロン酸比較トップページ > ヒアルロン酸と美しい肌「なかには危険なニキビも」

今、巷で評判の健康食品が「ヒアルロン酸」ですね。「ヒアルロン酸」には1gで何と6リットルもの保湿・保水能力があり、お肌の潤いを維持するほか、関節のクッション材となって関節炎・関節痛を和らげる効果があるといわれています。このサイトでは、これからヒアルロン酸の購入を検討されている方に、ヒアルロン酸選びのポイントと、最新のランキングをご提供しております。参考になさってください。
>>>最新のヒアルロン酸ランキングはこちら

ヒアルロン酸と美しい肌

「なかには危険なニキビも」

このコラムでは女医の先生が肌を美しく保つためのノウハウをご案内します。

さて、多分、ニキビの悩みで皮膚科に行ったとしても、「毎日きれいに洗顔しましょう。いずれにしても年をとれば治りますからね。」といわれるはずです。

確かに、毛孔が塞がれ、脂肪が溜っただけの普通のニキビならば、さほど恐れることもありません。

でも、赤味を帯びたニキビになって来ると、やや心配になって来ます。

ニキビが赤味を帯びるということは、細菌が繁殖して炎症を起こした証拠だからで、医学的には、毛包炎、毛包周囲炎と呼んでいます。

これがいくつもできて、まるでニキビの親分のようにピンク色の固まりになっているのは、集簇(しゅうぞく)性座(せいざ)瘡(そう)といい、また、赤くなったニキビの真ん中に黄色くポツンと膿が見えるものは、膿疱(のうほう)と呼ばれているのです。

細菌の感染が起こるとはいっても、炎症を起こす細菌は外部から侵入して来る化膿菌ではなく、元々皮膚に住んでいるものなのです。

人間の毛孔には、例えどんなに清潔を心掛けている人でも、残念ながら必ず一定の細菌が住みついています。

中でもっとも代表的なのは、表皮ブドウ球菌(白色ブドウ球菌)というもので、正常な人でも、一平方センチ当たり数百から数十万個いるのです。

また、ほかにも、ジフテリア菌に似た座瘡(ざそう)桿菌(かんきん)が、数十〜数百個住みついており、ピチロスポルムという細菌より大きいイーストのたぐいもいますし、毛包虫という、長さ0.3〜0.4ミリのダニが寄生している人さえいるのです。

こうした膿疱が多数発生しているようなニキビは、当然、皮膚科医の治療が必要となってくるわけです。

参考にしてみてください。

(老化予防医)

なお、肌を美しく保つための重要なキーワードが保湿です。この肌の保水に貢献してくれるのが上記の通りヒアルロン酸です。美容や関節痛軽減目的で利用が広がっているヒアルロン酸注射ですが、ヒアルロン酸はわざわざ注射しなくても経口摂取でも一定の効果があります。興味をもたれた方はこちらのヒアルロン酸比較もご活用ください。

>>>ヒアルロン酸比較ランキングはこちら

ヒアルロン酸と美しい肌

ヒアルロン酸比較トップページ
最新ヒアルロン酸ランキング
ヒアルロン酸と美しい肌

サイトマップ

ヒアルロン酸比較トップページ
最新ヒアルロン酸ランキング
ヒアルロン酸とは
ヒアルロン酸の種類
ヒアルロン酸の効能・効果
ヒアルロン酸と関節炎
ヒアルロン酸の経口摂取
ヒアルロン酸の服作用・安全性
ヒアルロン酸の基本
ヒアルロン酸の美容効果
ヒアルロン酸とアンチエイジング
ヒアルロン酸と美肌
ヒアルロン酸が摂れる食品
飲むヒアルロン酸が人気の理由
ヒアルロン酸サプリのメリット
ヒアルロン酸入り化粧品
ヒアルロン酸入り化粧水
ヒアルロン酸の摂取量
ヒアルロン酸とアレルギー
ヒアルロン酸サプリの選び方
人工のヒアルロン酸?
ECM・Eとは?
鶏冠抽出物とは?
ヒアルロン酸と乾燥肌
ヒアルロン酸と皮膚の構造
ヒアルロン酸にビタミンは必須
ヒアルロン酸と変形性膝関節症
ヒアルロン酸と五十肩
ヒアルロン酸と目の疲れ
ヒアルロン酸と動脈硬化
ヒアルロン酸の減少ペース
iHA(アイハ)とは?
ヒアルロン酸が減少する理由は?
ヒアルロン酸がガンを防ぐ?
ヒアルロン酸の基礎知識
基本から学ぶヒアルロン酸
ヒアルロン酸と美肌の科学
ヒアルロン酸と美しい肌
美肌とヒアルロン酸
ヒアルロン酸関連ニュース
当サイトについて

口コミを投稿する